ボトックスとマイクロボトックスの違いとは

ボトックスというとシワやフェイスラインをすっきり見せるなどの効果を期待することが出来ますから、多くの方が興味をもったり施術を行ったりしています。
ボトックスの中でも、一般的なボトックスとマイクロボトックスというものが存在しているのはご存知でしょうか。
この2つの違いについてお話していきたいと思います。
■薬液ではなく施術スタイルの違い
まず、ボトックス注射とマイクロボトックス注射は、使うお薬自体は同じものを使用しています。
ですから、ここには違いは無いのです。
その薬液の「使い方」によって先の2つに分かれているのです。
■深く濃く・浅く薄く
ボトックスは表情筋に直接注射をします。
一方、マイクロボトックスは薄めた薬液を皮膚下に注射をします。範囲としては顔全体的と捉えてよいでしょう。
ですから、施術方法としては全く違うといえるのです。
■ピンポイントな悩みと全体的な悩みに
使い分けですが、ボトックスは例えば眉間のシワや口のシワなどピンポイントなアプローチをしてくれます。
マイクロボトックスは顔全体のたるみを解消したりハリを持たせたりするのに効果的なのです。
それぞれが臨むものによって施術方法を選んでいくと良いでしょう。
■同時に行いたいという場合
クリニックによってはボトックス・マイクロボトックス双方を一度に行えるというところもありますが、原則としてはどちらかというところが多いようです。
部位などによっても変わってくるかと思いますので、カウンセリングなどで相談してみましょう。
■違いを知れば悩みを解消しやすい
それぞれの特徴と違いを知ることによって、より自分の悩みを解消させやすくなると思いますので知っておくとよいでしょう。
どちらも効果的に作用してくれますので、上手に取り入れていくことをおすすめします。

関連する記事

次の記事: を読む ≫